jQuery.noConflict();
京都自家焙煎珈琲 京都三条会商店街から熱風焙煎機で焙煎した薫り高いスペシャルティコーヒーをお届けします。
ホームストレートコーヒーニカラグア エンバシー農園 ナチュラル
商品詳細

ニカラグア エンバシー農園 ナチュラル

販売価格: 720円 (税別)

nicaragua Embassy Natura

lニカラグア エンバシー農園 ナチュラル

原産国  ニカラグア

農園   エンバシー農園

標高   1500〜1800m

品種   カトゥアイ

精製   ナチュラル

 

すべてはコーヒーの為に

オーナーのセルヒオ氏は、創意工夫を以てコーヒー生産に情熱を傾ける非常に魅力的な生産者です。彼はCOEを数々受賞したお父さんからカサブランカ農園を引き継ぎ、コーヒーの生産に従事。COEの1位を目指して、時には発酵速度をコントロールするために発酵槽にクーラーを入れたり、ブラジルまで赴き生産処理技術を学び、最高の選別機と言われるピニャレンセ社製の水路選別機を中米で初めて導入したりと最高のコーヒーを生み出す為に心血を注いでいます。また、彼の生産処理方法も独自の方法で行われ、非常にセンシティブな生産処理が行われています。

 

厳しい環境だから生まれるコーヒー

エンバシー農園は、セルヒオ氏が特別なスペシャルティコーヒーを生み出すべく2007年に購入した12Haほどの農園。消費国と生産国を繋げる架け橋となりたいという想いから『Embassy(大使館)』と名付けられました。エンバシー農園が位置するのは、ニカラグア北部のMozonte(モソンテ)地区。崖と谷が入り組んだ山岳地帯にあり、農園にたどり着くまでにはディピルトから車で約2時間半かかります。標高も1500〜1800mとニカラグアでも最も標高の高い位置にある農園は、勾配の厳しい斜面でコーヒーが育てられ、コスタリカの名産地であるタラスに近い印象を受けます。

 

素晴らしいコーヒーを追い求め

エンバシー農園は、彼がこの土地の水資源の豊富さや、ニカラグアの基本的なマイクロクライメットに囚われない生産を追い求め、類い稀な標高を有するこのエリアに農園を構えました。その為、開花・収穫期は2か月ほど遅れた時期となり、COEや国内の審査会には間に合わないほどです。しかし、生産から10年経ち、このカトゥアイを中心に彼が求める甘さと明るさの調和が取れたコーヒーが生み出されています。

 

        香り ★★★★★        苦味 ★★★☆☆
          酸味 ★★★☆☆        甘味 ★★★★☆ 
          コク ★★★★☆

 

ナチュラルプロセスらしいワイニーなフレーバーと、巨峰やストロベリーを思わせる甘みを帯びた酸がすばらしく鼻をくすぐる甘い香りはバニラやミルクチョコレートのようです。

香りをお伝えできないのが悔しい。。。。

 

※500gまではA4サイズの郵便局のクリックポスト(送料200円)でお届けできます。どうぞご利用ください。

 

 

 

 

 

他の写真
全てはコーヒーの為に
オーナーのセルヒオ氏は、創意工夫を以てコーヒー生産に情熱を傾ける非常に魅力的な生産者です。彼はCOEを数々受賞したお父さんからカサブランカ農園を引き継ぎ、コーヒーの生産に従事。COEの1位を目指して、時には発酵速度をコントロールするために発酵槽にクーラーを入れたり、ブラジルまで赴き生産処理技術を学び、最高の選別機と言われるピニャレンセ社製の水路選別機を中米で初めて導入したりと最高のコーヒーを生み出す為に心血を注いでいます。また、彼の生産処理方法も独自の方法で行われ、非常にセンシティブな生産処理が行われています。
(画像をクリックすると大きく見られます)
厳しい環境だから生まれるコーヒー
エンバシー農園は、セルヒオ氏が特別なスペシャルティコーヒーを生み出すべく2007年に購入した12Haほどの農園。消費国と生産国を繋げる架け橋となりたいという想いから『Embassy(大使館)』と名付けられました。エンバシー農園が位置するのは、ニカラグア北部のMozonte(モソンテ)地区。崖と谷が入り組んだ山岳地帯にあり、農園にたどり着くまでにはディピルトから車で約2時間半かかります。標高も1500〜1800mとニカラグアでも最も標高の高い位置にある農園は、勾配の厳しい斜面でコーヒーが育てられ、コスタリカの名産地であるタラスに近い印象を受けます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
素晴らしいコーヒーを追い求め
エンバシー農園は、彼がこの土地の水資源の豊富さや、ニカラグアの基本的なマイクロクライメットに囚われない生産を追い求め、類い稀な標高を有するこのエリアに農園を構えました。
その為、開花・収穫期は2か月ほど遅れた時期となり、COEや国内の審査会には間に合わないほどです。
しかし、生産から10年経ち、このカトゥアイを中心に彼が求める甘さと明るさの調和が取れたコーヒーが生み出されています。

ニカラグア エンバシー農園 ナチュラル

販売価格: 720円 (税別)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス