jQuery.noConflict();
京都自家焙煎珈琲 京都三条会商店街から熱風焙煎機で焙煎した薫り高いスペシャルティコーヒーをお届けします。
ホームストレートコーヒーリオ・ブリリャンチ農園ナチュラル
商品詳細

リオ・ブリリャンチ農園ナチュラル

販売価格: 700円~3,150円 (税別)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
豆の状態:
グラム数:
数量:

  

 

2017 Cup of Progressive Cerrad

               Natural 部門2年連続 第一位 優勝ロット

                 ファゼンダ リオ ビリリャンチ カフェ農園

原産国  ブラジル

農園   ファゼンダ リオ ビリリャンチ カフェ農園

標高   1200m

精製   ナチュラル

 

 

イナッシオ・カルロス・ウルバン氏は、1951年8月12日リオ・グランンジ・ド・スール州ノン・メ・トッキの生まれで、戦争を逃れるために新天地を求めブラジルへ移住してきたドイツ人農業生産者の曽孫にあたる。
ウルバン氏は、7人兄弟中、唯一の男性で、家族を養う責任のあった父と共に若い時期から働き始めた。

1975年5月24日、彼が25歳の時、故郷では得られなかったチャンスを掴むため、パットス・デ・ミナスへ移り住んだ。 ガウーショ(リオ・グランンジ・ド・スール出身者)の彼は、世界へ食糧を供給するという強い志を持って、以前は不毛の地と考えられていたアルト・パラナイーバ地域にあるミナスのセラードを開拓し、繁栄の大地を築き上げた。

2002年、スペシャルリティ・コーヒーの導入に興味をもつ、あるアメリカ人が同農場を訪れた。これが契機となり、イナッシオ氏はコーヒーの生産方法を変えなければならないことに気付いた。

2005年に収穫後の処理を見直し始め、それぞれに違いのある栽培品種ごとにロットを分け、味覚が明らかに向上した。 ことブルボン品種についは特徴があり、この品種を増やすことの重要性を悟った。この品種の正しい選定と、収穫後の細心の注意が、同農場のコーヒーの品質向上に繋がっている。

   

        香り ★★★★☆        苦味 ★☆☆☆☆
        酸味 ★★★☆☆        甘味 ★★★★☆ 
        コク ★★★★☆

 

 

※500gまではA4サイズの郵便局のクリックポスト(送料200円)でお届けできます。どうぞご利用ください。

 

 

 

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

リオ・ブリリャンチ農園ナチュラル

販売価格: 700円~3,150円 (税別)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
豆の状態:
グラム数:
数量:
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス